住宅ローン借りられない?!

そもそもローン組めなくない?(´ー`)


家をそろそろ建てようとなって、住宅ローンについて調べていたとき

「住宅ローン借りられなくない?!?!」とイライラしたときの話です。笑

住宅ローンについて調べていると、住宅ローンとクレジットカードは何やら関係しているらしいということがわかりました。

というのは、クレジットカードの支払いが滞ったりして、クレジットカードの記録にがついていると住宅ローンが借りられない可能性があるということです!!

「うちはそんなこと一回もないから┐(´ー`)┌」

というしっかりした方には関係ない話です(^^;)

スポンサーリンク









クレジットの支払いが遅れた夫


まだ私がお金の管理をしていないとき、夫はクレジットカードの支払いが遅れたことがありました(-""-;)

銀行に入っているお金が足りず「引き落としが出来なかったのですぐに払ってください」というハガキが来ました。

それも一回じゃありません。
IMG_20180420_185007.jpg

2~3回このハガキが来ました(`Д´)
(私は一度も支払いが滞ったことはありません!!(`Д´))

そのときは「ふーん。早く払いなよ」くらいにしか思っていませんでしたが、今は

自分が使ったお金と銀行に入ってるお金も把握できてないの?!ありえない(`Д´)

今後は私が全部管理するのでもう好き勝手にお金は使えないからな(゚∀゚ )

となりました。笑

夫のように支払いが遅れたりすると、クレジットカードの信用情報に「傷がつく」らしいんです。

「未入金だった」とか「一部しか入金がなかった」といった情報が載っているものがあり「情報開示」をすると見ることができます。

クレジットカードの支払いで問題がある可能性が高いので、さっそく調べることにしました。

クレジットカードの信用情報を調べる


クレジットカードに関する信用情報は以下の3つが扱っています。

まず、支払いに問題があったと思われるクレジットカード会社の信用情報機関はどこか調べます。
(↑の3つのどの機関に加盟しているか調べます)

夫が支払いの遅れたクレジットカードはイオンのクレジットカードです。

「イオンクレジットサービス 信用情報機関」で検索。

当社が加盟する指定信用情報機関について

イオンのクレジットカードはCICとJICCに加盟していることがわかります。

私はCICで情報開示をすることにしました。

郵送や窓口でも開示できるようですが、早く確認したかったのでパソコンで開示をしました。

ちなみに「パソコンで開示」は1000円でした(._.)

CICの支払いは利用できるクレジットカードが決まっていて、本当は楽天のクレジットカードを使いたかったのですが、使えなかったのでイオンのクレジットカードを使いました。

気になるクレジットカードの情報は…


CICの情報開示をしたところ、2年分のクレジットカードの支払い状況が見られました。

イオンクレカの支払い状況を確認してみると…
IMG_20180420_184911.jpg

あれ?なんか大丈夫そう(゚Д゚)

この「$」マークは支払いがきちんとされているということです。

ここにPやAといった違う記号が書かれている場合は、支払いがきちんとされていなかったということです。

詳しくはこちら:「開示報告書の見方」

2~3回、督促状が来ていたので確実に「A」あたりのマークがついていると思っていたので驚きです(‘Д’)

イオンのクレジットカードの場合は、督促状が来てもすぐにお金を払えばクレジットの信用情報は「$」マークの「請求どおりの入金があった」にしてくれている?ようです。

イオン様ありがとう<(_ _)>

ブチ切れずに済みました。笑

信用情報をチェックしておいてもいいのでは?


これから住宅ローンを組む人で、クレジットカードの支払いが遅れてしまったことがあるという方は信用情報を確認しておくといいのかなと思います。

CICの情報開示をパソコンでする場合、1000円かかってしまいますが(-_-;)

「住宅ローンの仮審査をすればローンを組めるかどうかわかるからいいよ」といっているサイトがあったり、

「むやみやたらに仮審査をしない方がいい」ということを書いている人もいて、迷ったんですが、

私は「仮審査」はせずにCICの情報開示をしてみました。

結果、クレジットカードの情報を確認でき、不安がなくなったのでよかったと思います(^^;)


この記事へのコメント